規約

本会の活動規約です。本会の活動は以下に基いて行われます。

ダウンロード
規約.pdf
PDFファイル 222.9 KB

-規約-

  

〈第一章       総則〉

(基本原則)

第1条         本部は福岡大学戦史研究会と称する。

第2条         本部は戦史研究を通して部員相互の親睦を図ると同時に、戦史にまつわる各部員の知識を深めることを深めることを目的とする。

 

〈第二章       部員〉

(部員の任務)

第3条         部員は部の発展に寄与するよう努めなければならない。

(部員の構成)

第4条         本部は次の部員から構成する。

1.     正規部員本学学友会会則第4条を満たす学生。

2.     特設部員本学学友会会則第4条を満たす教職員。但し、卒業生及び五年次生以上は特設部員に準ずる。

3.     オブザーバー部員前項に該当しない学生。

(部員資格の剥奪事項)

第5条         部員は次の場合、その資格を剥奪される。但し役員会における合意があることを前提とする。

1.       部内において特定の思想等を強制した場合。

2.       法令その他条例に反する行動をとった場合。

3.       社会通念上非難にあたる行動をとった場合。

4.       1年以上本部の活動に参加せず連絡が途絶している場合。

(退部の手続)

第6条         部員で部を脱退しようとする者は、退部届けを幹事に提出しなければならない。

(休部の手続)

第7条         部員で休部しようとする者は、理由をつけて休部届けを幹事に提出しなければならない。但し、休部期間は1ヶ月以上1年以内とし、これ以上の場合は再届けを必要とする。なお休部期間中は次の権利及び義務を喪失する。

1.     本部の部員総会に於ける議決権。

2.     本部に於ける選挙権及び被選挙権。

 

(選挙権・被選挙権)

第8条         選挙権・被選挙権は正規部員のみ有する。

(部員の権利)

第9条         部員は他の部活動・アルバイトに従事する権利を持つ。但し本部の活動に多大な影響を及ぼさないことが求められる。

 

 

〈第三章 組織〉

(役員構成)

第1条         本部は幹事1名、副幹事長1名、会計1名を置く。

(任期)

第2条         各役員の任期は10月の定例会より1年とする。

(幹事)

第3条         幹事は部の一切に責を負い、円滑な運営を図り総則の目的を実現するよう努めなければならない。

(幹事の責務)

第4条         1)幹事は本部の部員及び役員会を代表する。

2)幹事は部員総会(以下総会)招集の主催責任を負う。

3幹事は総会の招集が不可能な場合、総会の名の下に決定権を持つ。但し、その後に行われる総会において承認を得る必要がある。

4)幹事は部の収支の責任を持つ。

(副幹事)

第5条         副幹事は部内を統括すると共に幹事を補佐し、円滑なる運営を図る義務がある。

(副幹事の責務)

第6条         1)副幹事は幹事を補佐し、幹事がその職務を遂行できないときその役職を代行する。

2)副幹事は幹事の委任に基づき、その権限を行使することができる。

3)副幹事は総会の議長を行う。

4)副幹事は部の行事を企画・運営を行うことができる。

(会計)

第7条         会計は活動に用いられる金銭が適切に利用されることを監督する責を負う。

(会計の責務)

第8条         1)会計は金銭の出納があった場合、それを記録しなければならない。

2)会計は本部に関わる金銭において疑念が生じた場合、調査する義務を負う。

 

 

〈第四章 部員総会〉

(部員総会の権限)

第9条         本会は正規部員を以って構成される部の最高議決機関であり、全部員はその決定事項を遵守しなければならない。

(部員総会の開催事項)

第10条      幹事は次の規定によって総会を開催しなければならない。

1.     定例部員総会…長期休暇期間を除く毎月1回開催する。なお、幹事はその開催の日時、場所、議題及びその他の伝達事項等の必要事項を総会の3日前までに部員に連絡しなければならない。

2.     緊急部員総会正規部員の3分の1、または幹事が必要と認めた場合すぐに総会を開催することができる。

(部員総会が成立する要件)

第11条      1)本会は正規部員の過半数の出席により成立する。

2)病気その他正当な理由により出席できない正部員は総会の決議に関し、他の出席部員に委任しなければならない。

(部員総会の決議)

第12条      本会の決議は出席者の過半数をもって決定し、賛否同数の場合は議長が決定するものとする。

(部員総会の審議事項)

第13条      本会は次の事項に関し討議し、承認決定する。

1.           部の運営に関する基本方針及び活動方針

2.           役員の選出、承認及び罷免

3.           予算・決算の報告

4.           部規約及び諸約定の制定改廃

5.           各部員の発議事項

6.           他の諸団体との関連事項

7.           懲罰の決議

 

 

〈第五章 役員会〉

(役員会の責務)

第14条      1)役員会は部の執行機関であり、役員によって構成される。

2)役員会は基本方針及び部規約の承認を得る義務を負う。

(役員会の権限)

第15条      役員会は執行に関する必要事項の決定を行う。

(役員会の開催事項)

第16条      役員会は必要に応じて幹事が招集する。

(役員会の報告義務)

第17条      役員会により決定された事項は総会において報告しなければならない。

(役員の責務)

第18条      役員は役員会の決定事項について責任を負う。

 

 

〈第六章 役員改選〉

(選挙の効力)

第19条      役員改選において立候補者が重複した場合、もっとも得票が多い者が役員として承認される。

(信任投票の効力)

第20条      役員改選において立候補者が重複しない場合、信任投票とする。この場合、過半数以上の有効票が必要である。

(幹事の限定的役員指名権)

第21条      役員改選において副幹事・会計に立候補する者がいない場合、新たに幹事として承認された者はそれらの役員を正規部員から指名することができる。

(前任役員会の限定的幹事指名権)

第22条      役員改選において立候補する者がいない場合、前任の役員会が新たなる幹事を指名することができる。但し、総会による認可を必要とする。

 

 

〈第七章 懲罰〉

(懲罰規定)

第23条      1)本部の名誉を毀損し、又本規約に違反した部員は総会においてその責任を追及し、適切な処分を行う。

2)その執行は総会の名において幹事が行うものとする。

(懲罰が可能な事項)

第24条      部員が次の各項の1つに該当する場合は、総会の議決を経て除名することができる。

1.     部の名誉を傷つける又は部の目的に反する行為があった場合

2.     部員としての義務に違反した場合

(懲罰決定に関する総会の決議)

第25条      本章の懲罰は総会において3分の2以上の決議をもって決定する。

 

  

〈第八章 活動規定〉

(活動原則)

第26条      本部の活動は政治的・宗教的中立であることを固く守らなければならない。

第27条      本部の活動は事実を追求するものでなければならない。

第28条      部員は本部の活動に際して質素倹約の精神が要請される。

第29条      1)本部の活動は法令その他条例等に合致するものでなければならない

2)特に未成年者飲酒禁止法・酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律について厳守しなければならない。

(出版物の取り扱い)

第30条      1)出版物を発行する場合は、著作権法等の法令を厳守しなければならない。

2)前項に反する行為がなきよう部員は互いに注意しなければならない。

第31条      本部による出版物の著作権は当該項目を記した部員のものとし、引用等を行う 場合は著作権法に基づかなくてはならない。

第32条      出版物に関するデータは本部で保管されなければならない。

第33条      本部が出版物を発行した場合、国立国会図書館法第25条に基づき、出版物を納本するように努めなければならない。これらの行為は無償のもとに行う。なお、頒布を目的としないもの、またはホッチキス止め等の簡易綴じのものは除外する。

 

 

〈第九章 規約改正〉

第34条      本規約の改正は正部員の発議により、総会において討議し、正部員の3分の2以上が出席し、その3分の2以上の決議により規則改正できるものとする。

 

 

〈第十章 補則〉

この規約は201610月より施行する。